2008年12月15日

オオカミを銃殺し反対論者から非難を浴びるか

swissinfo.chによると、スイスではオオカミが増えているらしい。オオヤマネコやクマも増えているとか。とはいえ、オオカミが増えて羊を襲うなどの被害もでているとか。オオカミを追う犬が足りなかったり、羊のためのシェルターが十分でなかったりがその原因でもあり、それを整備するお金が足りない農家は、政府のガイドラインを破ってオオカミを銃殺する。そうすると反対論者(オオカミ保護を訴える人たち)からは避難を浴びることになるのだ。

どうすればいいとは一概にはいえないけど、保護のためのお金が有効に使われて、こういう双方がいやな思いをすること、さらには当然ながらオオカミに命が奪われてしまうことが少しでもへればいいのだけれど。
posted by WolfWolfWolf at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24301908

この記事へのトラックバック