2005年11月10日

名古屋東山動物園

名古屋東山動物園に行ってきました。ここには3頭のシンリンオオカミがいます。当日はなぜかオスの1頭だけが2m四方程度の小さな檻にいて、残りの2頭(多分メスかな)が屋外の飼育場にいるという状態。多摩動物公園と違い、それぞれのオオカミの名前の表示などがないので、詳細は分かりませんでした。

なぜ1頭だけが隔離された状態であり、さらになぜこんな狭いところに入れられているのかもわからず。屋外の飼育場(多摩動物園の屋外飼育場程度の広さあり)とこの狭い檻のあいだには、もう少し大きな檻もあったので、こちらでもいいのではと思ってしまう。もちろんなにか意味はあるのでしょうが。

オスのオオカミは、狭い檻のなかをずっといったりきたりしていた。なんだかとてもイライラしてる様子だった。その日は天気もどんより曇り、雨もぱらついてきた状況で、見てるほうでもなんだか暗い気持ちになってしまったのだった。東山のオオカミは遠吠えをするとのことで期待していましたが、これも聞くことは出来なかった。

東山は、全体的に飼育のための檻が小さく、とくにネコ科の動物が多種いたのだが、なんだか窮屈そうだった。ムササビにいたっては、飛べる距離がせいぜい1m程度しかなく、皮膜を広げて飛翔するというよりは、足の力で跳躍しているようなものだったのも悲しい。

関連リンク:東山動物園







posted by WolfWolfWolf at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24247178

この記事へのトラックバック