2006年01月23日

クローンオオカミに成功

韓国、中央日報によると、ソウル大・黄禹錫(ファン・ウソク)教授が2頭のクローンオオカミに成功と発表したとのこと。オオカミの耳の体細胞を用いてい、細胞を取り入れた卵子は犬のものを使っている。

日本で知床にオオカミを復活させたいといった活動があるが、その際には外来の種を入れるのではなく、クローン技術で再生された本来のニホンオオカミやエゾオオカミを用いたほうがいいかもしれません。とはいえ、クローン自体の是非はまた別の問題ではありますが。

関連リンク:
黄教授、2頭のクローンオオカミに成功(中央日報)
posted by WolfWolfWolf at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オオカミ全般

2006年01月11日

多摩動物公園でオオカミ関連イベント

戌年ということで、多摩動物公園ではオオカミ関連のイベントがおこなわれている。3月14日までの日程で特別展「オオカミの素顔とは?」をウォッチングセンター内展示ホールで開催。骨格標本や等身大模型などが展示されている。2月12日(日)午後1時からは特別講演会「オオカミの話」を日本オオカミ協会会長丸山直樹氏がおこなう。

posted by WolfWolfWolf at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ