2010年04月13日

オオカミは人は襲わない

 アラスカのニュースですが、ジョギング中の女性がオオカミに襲われて死亡したそうです。その結果、住民の間に不安が広がったために、アラスカ州当局では付近で発見した2頭を処分したとのこと。そのオオカミが、女性を襲ったものかどうかを調べているらしい。どうやって調べるのだろうか。胃の内容物とか??

 このようにアラスカでオオカミを襲ったというニュースを紹介したわけだけれど、北米ではこの100年間でほんの2件目の出来事だとか。基本的にはオオカミは人を襲うことはないと言ってもいいのでしょう。このケースも、偶然ばったり出くわしてしまってオオカミがパニックにでも陥ってしまったのでしょうか。不幸でまれな事故だったんでしょうね。

オオカミに襲われ女性死亡、100年でわずか2例 (cnn.co.jp)

posted by WolfWolfWolf at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

2009年05月07日

タイリクオオカミ、米絶滅危惧種から除外

 AFPによると、タイリクオオカミ、米絶滅危惧種から除外され、猟も再び行えるようになるとのこと。絶滅危惧種から外れること=猟の対象 となるようだ。
 なんだか切ない話だ。さらに、人間のエゴを強く感じる。保護してみたり猟で殺してみたり。人間という動物に対しても、ちょっと数が増えたから猟の対象に、減ったから保護の対象になんてされたら。。。これは、日本のクジラの捕獲も根は同じか。
posted by WolfWolfWolf at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

2009年04月30日

中国重慶市ではトラ、オオカミなど7種の野生動物が絶滅

 中国ニュース通信社の記事によると、中国の重慶で行われてきた野生動物の生息調査の結果、トラ、オオカミ、チベットガゼルの3種類の獣類と、スズガモ、ナベコウなど4種類の鳥類が「絶滅」と認定されたとのこと。専門家によると、森林破壊が進み、食物連鎖が断たれており、トラやオオカミなど生態系で上位に位置する大型獣類が生存する空間はすでになくなっているとのことだ。

 日本政府、日本版のグリーンニューディール政策である『緑の経済と社会の変革』の 中で、第六章 緑のアジアへの貢献 ということでアジア地域での自然と人との共生活動をうたっている。しかしながら、日本のことを考えるならば、アジア全体へと手を広げるよりもまずは中国に注力すべきだろう。中国の砂漠化を防ぎ、クリーンエネルギーの普及を実施することは、結局は風下にある日本の環境に大いにプラスの影響を及ぼすはず。逆に中国の環境破壊をこのまま放置すれば、その影響は日本にも深刻な影響を与えるはずだ。

posted by WolfWolfWolf at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他自然環境、野生動物

天王寺動物園でチュウゴクオオカミの赤ちゃん

  大阪市天王寺区の天王寺動物園で、チュウゴクオオカミの赤ちゃんが誕生して活動している様子が見られるようになったらしい。巣穴から出て母親にくっついている様子の写真などが公開されている。

 チュウゴクオオカミは国内では、ここでしか育てられていないようだ。まあ、大陸系のオオカミの亜種の1つなので、他の動物園のオオカミと交配できないわけではないだろうけれど、それをしてしまったら種がおかしなことになってしまう。そうなると、ここで増えても、どこか別の動物園にもらわれていくということはなさそうだ。

赤ちゃんオオカミすくすく 天王寺動物園(産経ニュース)

posted by WolfWolfWolf at 16:25| Comment(0) | TrackBack(1) | オオカミ全般

2009年03月15日

札幌円山動物園のオオカミ

 昨年、11月末に札幌円山動物園に行った際のシンリンオオカミの写真です。

 雄のジェイ。立派な体格。

 この写真はちょっと優しそうな顔つき。

 最初のうちは寝てたけれど、夕方が近づいてきたらけっこう活発に。

 こちらは、雌のキナコ。餌の肉をかみ砕こうとしているところ。

 ジェイも肉を確保。写真には写っていないけれど、周りにはおこぼれを狙うカラスがいっぱい。

 二匹でじゃれ合う様子も結構見られた。キナコのほうがジェイを気に入っているのかな。

 こうやって並ぶと体格の違いがよくわかる。

posted by WolfWolfWolf at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

2009年03月13日

クローンオオカミの繁殖

 以前、韓国でクローンオオカミを作ったというのをここでも取り上げたが、こんどはそのクローンオオカミ同士で繁殖を試みるとか。韓国・ソウル大学(Seoul National University)の研究チームは、2005年に生まれた雌と2006年に生まれた雄のクローンオオカミがいて、2010年にはこの2頭を同じ檻に入れて自然繁殖を試みるらしい。これまでにもクローンオオカミ同士の人工授精には成功しているとか。

 あくまでも、研究、実験のためなのだろうけど、研究の目的は具体的にどんなところにあるのだろうか。もちろん、どんな形であろうともこの世に生まれ出てきた命であることには変わらないので、なんにしてもクローンだからと言ってそれが軽んじられることがなければいいなぁと思うところだ。

#現時点で、軽んじられているというわけではないのだけれど

posted by WolfWolfWolf at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他オオカミ

2009年02月24日

犬だと思っていたらオオカミだった

 AFPの記事によると、中国での出来事のようだ。保護した犬をペットとして飼っていたら、実はオオカミだったとか。写真を見ると、けっこう犬っぽい風貌。ちょっと、日本オオカミに似ている感じもするけど、大陸オオカミの雌なのかな。
posted by WolfWolfWolf at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

2009年02月18日

旭山動物園でオオカミのメス1頭死ぬ

 読売新聞によると、旭山動物園で、オオカミのメス1頭死んでいるのが発見されたとのこと。どうやらけんかをして他のオオカミから首をかまれたのが死因らしい。

 一般に、野生動物は同じ種のなかでは相手を殺すほどけんかはしないと言われる(もちろん例外もあるけど)。新聞記事を読む限りは、オオカミにおいてもリーダー雄が群れを管理しているので、通常はこんなことは起こらないはずだとのこと。動物園の環境では、そういう自然のルールを覆してしまうようなストレスがあるんだろうなぁと。旭山のような行動展示に積極的に取り組んだとしても、そこはやっぱり野生の世界ではないということ。まあ、当たり前のことと言えば当たり前なんだけれど。。。

posted by WolfWolfWolf at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

北米のオオカミはもともとは白かった

 朝日新聞の記事よると、オオカミはもともとは白くて飼い犬と交わることで黒い遺伝子をもらうらしいとのこと。これは北米のオオカミの話だ。で、犬というのは、

1万5千〜4万年前に東アジアで別種のオオカミから家畜化され、1万4千年ほど前に当時陸続きだったベーリング海峡を人とともに北米にわたったとされる。

とのことで、そこで交雑されて黒い遺伝子をもらうことに。氷の上では白い方が身を隠せるし、森の中では黒い方が身を隠せることに。この辺は、DNAをもらったあとに、進化の過程でそういう棲み分けをするようになったようだ。

posted by WolfWolfWolf at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ

2009年01月06日

名古屋の東山動物園もオオカミ舎を改修

 札幌の丸山動物園、旭川の旭山動物園に続き、名古屋の東山動物園でもオオカミ舎を改修して、行動展示できるようにするようだ。確かに東山は「檻」という感じが前面にあって、多摩なんかの展示状況を知っていると、ちょっと見てるだけでもかわいそうかなと思わせるものがあったっけ。中日新聞の記事によると、

オオカミ舎の広さを今の5倍の1700平方メートルにし、手前に広い平原、奥に森をつくる

そうだ。これなら少しは、過ごしやすい環境になるかな。

posted by WolfWolfWolf at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイイロオオカミ